TOP > フットケア

フットケア:ドイツ式フットケア「フスフレーゲ」

フットケアとは

主に、たこ(胼胝)や魚の目(鶏眼)のケアを行います。このような足のトラブルは歩行バランスの偏りや、足に合わない靴を履くことが原因です。
ベルシャンでは、オーダーシューズとフットケア・整体部門が連携し、質の高い総合的なフットケアを行っています。

フットケアの前後比較写真

フットケアの必要性

足の健康と機能性を良いコンディションで維持したい方には、定期的なフットケアをお勧めします。フットケアの主な内容は、たこ・魚の目・爪のケア、足全体には高度なフスフレーゲを行います。フスフレーゲはその範囲の広さと完成度の高い技術を特徴としています。 どんなことでもお気軽にご相談ください。
ベルシャンでは、トータルフットケアの観点から「バイオメカニクス足底板療法」の実施、正しい歩行の指導を行っています。

フットケアの流れ

以下は、フスフレーゲBコースの内容です。

1. フットバス

フットバス

足のチェック、カウンセリングの後、フットバスで足の洗浄、血行促進を行い靴の中でストレスを受けていた足をリラックスさせます。足の緊張を和らげて、次のケアに進みます。

2. 爪の手当て、手入れ

爪の手当て、手入れ

まず爪を正しい形にカットします。次に専用フレーザーを使い、厚くなった爪や凸凹した爪の表面を削っていきます。爪の側線や爪溝の角質ケアを行い、最後に 表面を磨きつやを出していきます。(一度使用したフレーザーは全て消毒、滅菌いたします。)

3. たこ・魚の目のケア、角質の除去

たこ・魚の目、角質の除去

たこや魚の目の状態をケアし、痛みの少ない快適な歩行が出来るようにいたします。ひび割れた踵も美しくなります。魚の目はいくつあってもケアしていきます。痛みから足をかばうことで悪い歩き癖がつくと腰痛や肩こり・O脚などの原因になることもあります。リスクを早期に発見し、適切な予防策をとることが重要ですので、たこや魚の目は痛みのないうちに早めにケアすることをお勧めします。

4. フットマッサージ

フットマッサージ

仕上げに足の血行を促すマッサージをして、心身のリフレッシュを促します。
トリートメントは肌や爪の状態に合わせてクリームを塗ります。
(すべて天然成分ですのでアレルギー体質の方でも安心です)

ベルシャン整体院 フットケアルーム

高度な技術と最新の器具でケアいたします。

魚の目やたこをケア、角質を除去し、足爪のお悩みに対応、ご自分で切り難い足爪のカットも行います。
足を健康的に保ちます。
お足の状態により時間は前後することがありますが料金は一律です。

ページの先頭へ